トラックボールマウスにマウスパッドはいらない?それでも導入すべき理由を書いてみた

trackballmouse-mousepad

こんにちは、RPAライターのやまもとてつやです。

  • トラックボールにマウスパッドはいらないんじゃないの?
  • 導入して何か効果があるの?

当記事では、上記のような疑問にお答えします。

トラックボールマウスは狭いデスクでも使えるように、親指の操作だけで使えるように作られたマウスです。

手をあまり動かさなくても済むので、腕の負担も軽減されています。

そんなトラックボールマウスにそもそもマウスパッドが必要なのか?と考えるのも無理はないでしょうか。

僕は本業はとある大企業のヘルプデスク。副業はライターとして活動しているため常に右手を酷使しています。

そのため、僕にとってトラックボールマウスは手放せません。

ある日、試しにトラックボールマウスにマウスパッドを導入してみたところ、さらなるメリットがあることに気が付きました。

この記事では、そんなマウスパッドを導入するメリットについて解説しています。

この記事でわかること(メリット)
  • トラックボールマウスにマウスパッドを導入する理由がわかる。
  • PC作業における腕の負担がさらに軽減される。

ぜひ1度読んでみてください。

目次

トラックボールマウスにマウスパッドを導入すると腕の負担がさらに減る

結論から言うと、トラックボールマウスにもマウスバッドは導入すべきです。

たしかに、トラックボールマウスはマウスパッドがなくても十分使えますし、それがメリットになります。

でも、実際に使ってみると、手首の位置が低かったり場所によっては手首が浮いたりするのが気になりました。

そこで、マウスパッドを導入したら手首の位置が改善されたのでさらに腕の疲れが減ったのに気づいたのです。

とはいっても、普通のマウスパッドではなくリストレストつきのマウスパッドだと軽減効果が期待できます。

リストレストつきのマウスパッドで有名なのがケンジントンのマウスパッドです。

ただ、ジェルタイプのマウスパッドよりもしっかりしたリストレストがついている方が僕にはあっていました。

トラックボールマウスにリストレストつきのマウスパッドも導入すると、さらに疲労が軽減されるのでオススメです。

エレコムのCompyマウスパッドがおすすめ

ちなみに、僕が使っているのはエレコムのComfyマウスパッドです。

ジェルタイプのマウスパッドよりもレスト部分がしっかり作られていてかつ少し沈み込む感覚が僕にはあっています。

実際に使用している状態が下記です。

マウスパッドありでトラックボールマウスを使っている画像

マウスパッドがないバージョンがこちらです。

マウスパッドなしでトラックボールマウスを使っている画像

2つを比較してみると、若干手首の位置が上にきています。

この若干の誤差により、腕の疲労感が違うことに気づきました。

あとはキーボードレストやパソコンスタンドも加えれば、パソコン作業での手の負担はだいぶ軽減されます。

まとめ

というわけで、今日はトラックボールマウスにもマウスパッドを導入すべき理由について書いてみました。

ぜひ一度やってみてくださいね。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
  • URLをコピーしました!

運営者プロフィール

やまもとてつやのアバター やまもとてつや RPAライター

2021年10月にライター活動開始。
得意ジャンルはIT(Windows・RPA)と金融(保険・仮想通貨)。
SEOライティングとSNS運用を中心に活動中で、最近は念願だった電子書籍の執筆・編集も担当。
AI以上に正確で格調高い文章が書けると評価をいただいています。

目次