ExcelVBAエキスパートのスタンダードを受けてみた【難しい】

vba-expert-standard

こんにちは、RPAライターのやまもとてつやです。

  • ExcelVBAエキスパートのスタンダードを受験を検討している
  • ベーシックとどれくらい難しいの?
  • オススメの勉強法とかある?

当記事では、上記のような疑問にお答えします。

ExcelVBAエキスパートは自分のExcelVBAスキルを証明するのに役立つ資格です。

僕は37歳で人生初の正社員になったとき、何か強みがほしいなと探していたところプログラミングに出会いました。

とはいえ、今からPythonやJavaScriptでエンジニアになるのもしんどいじゃないですか汗

なので、まずはExcelVBAから勉強し流れでVBAエキスパートを受験したのですが、急にスタンダードになって難易度が爆上がりしてビックリしました。

よく2週間で受かったなぁと、我ながら感心しています。

その甲斐があってか、今は本業のヘルプデスク業務や副業でやっているWebライターの雑務を自動化できるようになったからいいんですけどね。

そんな僕ですが、この記事ではVBAエキスパートのスタンダードの概要から難易度、勉強方法について解説しました。

この記事でわかること(メリット)
  • ExcelVBAエキスパートのスタンダードの概要がわかる
  • 実際に受験してわかった問題の傾向と対策としての勉強方法がわかる
  • 申込みの際にお得になる方法もわかる。

ぜひ1度読んでみてください。

目次

ExcelVBAエキスパートはExcelVBAのスキルをアピールするのに有効

ExcelVBAエキスパートは、自身のExcelVBAスキルをアピールするのにオススメの資格です。

単にExcelVBAの知識があるのはもちろん、高度な自動化や問題解決能力があることを対外的に証明できます。

プログラミング系の知識をアピールする資格ってPython検定ぐらいしか思いつきませんが、初めてプログラミングに挑戦する方には結構しんどい内容です。

VBAなら日頃触れているExcelがもとになっているので、結構とっかかりやすいんですよね。

もちろん、ベーシックよりもスタンダードの方が難しいですが、昨今騒がれている業務効率化の側面でいえば十分アピールできるとは思います。

ExcelVBAベーシックの取得難易度は易しい

ExcelVBAベーシックは、その名の通りVBAの基礎が問われる資格です。

範囲としては、変数や構文などの基礎知識にはじまり、簡単なifステートメントや繰り返し処理の知識が求められます。

実務経験者であれば、テキストや問題集を活用すれば1ヶ月くらいで合格できるでしょう。反対に、全くのプログラミング未経験者であれば3ヶ月ぐらいはほしいところです。

問題も選択形式でしか出題されないので、仮に一つ一つの知識がうろ覚えでも消去法で回答できます。

ただ、確実に合格したいなら、わからないところは実際にコードを書いて挙動を確かめていったほうがいいでしょう。

インプットとアウトプットの繰り返しにより知識が定着するのは、どんな勉強にも共通です。

ExcelVBAベーシックは基本知識と操作をしっかり理解すれば十分合格できます!自分でコードを書いて検証するのを忘れずに。

ExcelVBAエキスパートの取得難易度は高め

ExcelVBAエキスパートのスタンダードは、ベーシックに比べて段違いに難しくなります。

スタンダードでは、より高度なExcel操作と知識がないと全く歯がたちません。

試験範囲としては、プロシージャやエラー処理、複雑な関数の使用とかなり広範囲にわたっています。

試験の肝となるのは、以下3つです。

  • テーブル操作
  • 検索とオートフィルター
  • データの並べかえ

特にキツイのがテーブル操作で、正直本番では捨てました笑。

テーブルや検索は普通にExcelを使っているなら必須の知識なので、やはり実務経験があると大きな支えになります。

試験形式も選択問題だけでなく記述形式でも出題されるので、ベーシック以上に知識を確実なものとしなければなりません。

スタンダードは難しいですが、しっかりと勉強すれば大丈夫です!実務経験があると大きいですね。

ExcelVBAエキスパートの資格取得のメリット・デメリット

僕は一応、ExcelVBAエキスパートのベーシック・スタンダードをどちらも取得しました。

取得を通して感じたメリットは、なんといってもExcelVBAに関するスキルがアピールできることですね。

PythonやJavaScriptなどプログラミングの知識があるかどうかは、実際に自分で作成したプログラムをポートフォリオとして見せるのが一般的です。

その点、資格であれば取得したこと=スキルがあるとみなされるので本業での業務の幅が広がりました。

実際、本業のヘルプデスクでもメール作成や報告書の作成を自動化してチームの残業抑制に貢献したことがあります。

デメリットとしては、やはり資格取得のために勉強する時間を割いたり受験料が微妙に高かかったりする点ですね。

しかし、後述の勉強方法や受験料を割引する制度を知っておけば、いくらかデメリットを緩和できます。

どんな資格でも取得には時間と費用がかかります。しかし、合格すればその見返りは大きいので、工夫して挑戦しましょう。

ExcelVBAエキスパートのベーシックとスタンダードの違いは記述問題があるかないか

ExcelVBAエキスパートのベーシックとスタンダードの大きな違いは試験形式です。

スタンダードでは記述問題の存在が難易度を大きくハネ上げています。

正直、ベーシックでは選択問題しか出ないので、多少知識がうろ覚えであっても消去法で回答可能です。

しかし、スタンダードでは実際にコードを記述する問題が加わるため、うろ覚えだと全く歯がたちません。

単にVBAを「知っている」だけでは合格は厳しいでしょう。

今までの知識を組み合わせて答える問題としての記述問題なので、ベーシック以上に深い知識とスキルが求められるといえます。

スタンダードは記述問題がある分、合格は大変です。ですが、それだけの価値を証明できるともいえます。

ExcelVBAエキスパートのスタンダードの勉強時間は2ヶ月あれば十分

ここまで、いかにスタンダードが難しいかを解説してきました。

ただ、そうはいってもExcelVBAエキスパートのスタンダードを取得するのに必要な勉強時間は、ある程度の基礎知識がある方であれば2ヶ月あれば十分です。

僕の場合、実際に業務で経験があったのと上司の無茶振り(笑)により1ヶ月でとりましたが、ちゃんとやれば2ヶ月でも全然とれます。

ポイントは、1ヶ月目と2ヶ月目でどう時間を使うか?です。

まず1ヶ月目はひたすらテキストを読み込み、少しでもわからない部分は実際にコードを書いて挙動を確認しましょう。

理論だけでなく実践を通して理解を深めることが重要です。

2ヶ月目では問題演習に移り実際の試験問題を解いて、記述問題に対応できるように勉強します。

もちろん、間違えた部分は後日再挑戦して完璧に理解できるようにしましょう。

上司や同僚、家族に勉強時間を捻出させてくれるように協力を仰ぐことも重要ですよ。

1ヶ月目は基礎固め、2ヶ月目は問題演習。計画的かつ効率的な学習で合格を目指そう!

ExcelVBAエキスパートは申し込みはオデッセイコミュニケーションズの公式サイトで

ExcelVBAエキスパート試験の申し込みは、オデッセイコミュニケーションズの公式サイトからできます。

以下に、申し込みの手順を書いてみました。

STEP
VBAエキスパートの公式サイトにアクセス

まずは公式サイトにアクセスします。

STEP
ExcelVBAスタンダードをクリックする
vba-expert-standard1
出典:https://vbae.odyssey-com.co.jp/about/outline.html
STEP
下にスクロールして試験の申込みをクリックする
vba-expert-standard2
出典:https://vbae.odyssey-com.co.jp/about/excel_standard.html
STEP
申し込み手順に従って申し込みをする

あとはサイトの手順に従えば、申込み完了です。

このとき、受験料はクレジットカード払いにするとポイントもたまります(カードによります)。

後述する社内制度と利用すれば、さらに受験料のバックが返ってくるかもしれません。

申込みはオデッセイコミュニケーションズのHPから申し込み、あとは指示に従うだけです。

ExcelVBAエキスパートの受験料について【社内制度の利用が○】

ExcelVBAエキスパートに限らず、どんな資格試験でも受験料は必要です。

参考までに、VBAエキスパートのベーシックとスタンダードの受験料を下記にまとめました。

科目受験料(税込)割引後の受験料(税込)
ExcelVBAエキスパート ベーシック13,200円11,880円
ExcelVBAエキスパート スタンダード14,850円13,420円
2023年6月時点

受験料としては少し高めですが、会社によっては資格取得に対して奨励金を出している制度があります。

値段も1発合格すれば、受験料とテキスト代くらいは返ってくるぐらいの金額にはなっているはずです。

場合によっては、給与にプラスしてずっと払ってくれる可能性もあります。

自己研鑽ってなかなか大変ですけど、会社からお金をもらいながら取得できるのは結構いいと思うんですよね。

スキルもお金ももらえるので一石二鳥ですよ。

「社内制度を利用して、スキルもお金も稼ぎましょう。

割引受験制度が使えたら使おう

ところで、オデッセイコミュニケーションズでは一定の条件を満たせば受験料が安くなる割引受験制度という制度があります。

以下の資格をもっていれば、割引受験制度が利用可能です。

対象資格(2023年6月時点)
  • マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)
  • IC3
  • ビジネス統計スペシャリスト
  • 外交官から学ぶ グローバルリテラシー
  • コンタクトセンター検定試験
  • 令和のマナー検定

社内制度と割引受験制度をダブルで利用すれば、さらにお得に受験できます!

実際、僕も利用してお得になった分、次にほしかった資格のテキストを買いました。

必要なのは、合格証明書やオープンバッヂなので持っていたら利用して損はありません。

ExcelVBAエキスパートの勉強方法はテキストと過去問だけで十分

肝心の勉強方法ですが、テキストと過去問を利用だけで十分です。

まずは、以下のテキストを購入しましょう。

¥3,300 (2023/06/16 11:30時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

テキストには、試験範囲の内容が詳細に書いてあるので、まずは一通り読んでみてください。

もちろん、わからないところは何度も読んだり実際にコードを書いて挙動を確認したりしましょう。

なお、テキストには過去問はそこまで収録されていません。

そこで役立つのが、VBAエキスパート試験対策です。

ベーシック・スタンダードあわせて400問以上の過去問に挑戦できます。

テキストに準じた内容なので、このサイトの問題がちゃんと回答できれば合格できるでしょう。

もちろん、出題範囲や難易度に合わせて問題を選べるので、苦手なところや理解しづらい箇所を集中的に挑戦できます。

ただし、無料プランでは一部の問題しか挑戦できないので、全ての問題を挑戦するには有料プラン(3,980円)の購入が必要です。

テキストで基礎固めをし、過去問で実力をつければ合格間違いなしですよ。頑張りましょう。

まとめ:まずはベーシックだが、経験者であればスタンダードだけもアリ

というわけで、ExcelVBAエキスパートのスタンダードについてまとめました。

あらためて今回の内容を振り返ると、テキストと過去問を使えば十分に合格できることがわかります。

普通なら、まずはベーシックから受験をオススメしますが、すでに実務で使っている方ならスタンダードを受験しても問題ありません。

ぜひ、合格できるようにがんばってください。

  • URLをコピーしました!

運営者プロフィール

やまもとてつやのアバター やまもとてつや RPAライター

2021年10月にライター活動開始。
得意ジャンルはIT(Windows・RPA)と金融(保険・仮想通貨)。
SEOライティングとSNS運用を中心に活動中で、最近は念願だった電子書籍の執筆・編集も担当。
AI以上に正確で格調高い文章が書けると評価をいただいています。

目次